料金 | 水宅配の比較ランキング ウォーターサーバー 天然水 ミネラルウォーター

健康に良い安い水宅配をお探しの方へ
安全性や衛生面にも注意して健康なウォーターサーバーを選びましょう健康に良い安い水宅配をお探しの方へ
安全性や衛生面にも注意して健康なウォーターサーバーを選びましょう

料金

ウォーターサーバーの実際の費用

ウォーターサーバーの費用

ウォーターサーバーは、レンタル無料の会社が多くあります。
ただ、なかにはレンタル料金が月額500円前後かかる会社もあります。

無償のレンタルサーバーと有償のレンタルサーバーにはそれぞれメリットとデメリットがあります
無料(無償)のレンタルサーバーは、有料(有償)のレンタルサーバーより、
お水が少し割高に設定されている
ところが多いように思います。
また、無料レンタルサーバーのメンテナンスには多少の金額が発生するも、
有料レンタルサーバーはメンテナンス費用なしのところが多いのも特徴です。

要は、年に1度くらい発生するメンテナンス費用を月々払いするか、一括で払うかの違いになってしまうと思ってもいいでしょう。
有料レンタルサーバーにいたっては、注文する水の個数によって割引がある会社もあります。

もちろん、コンセントを差し込まなければ冷水も温水も出ませんので、
電気料金はかかってきます。
しかし、最近のウォーターサーバーは、省エネ設定になっているものを多く、
月約500円から1000円くらいで済んでいるというのが現状です。

ミネラルウォーターの金額

ウォーターサーバーの便利さを確認したあとに気になるのは、お水の料金ですよね。

例えば普段買う2Lのミネラルウォーター1本150円だとして、1日1本使うとしましょう。
そうすると1カ月4500円になります。
150円(2L)×30日=4500円

ウォーターサーバーを導入した場合
電気料金が月に1000円だとして、上記の要領で12Lのボトルを利用したとします。
12Lは2Lのペットボトル6本分になります。
一番安い12Lのミネラルウォーターが995円なので、
166円(2L)×30日+600円=5580円になります。

あれ? コスト高い。と思った方もいらっしゃるでしょう。

しかし、お水を沸かしたり、冷蔵庫で冷やしたりする光熱費がわかりにくいのが現状です。
冷蔵庫では、物を詰めれば詰めるほど、冷却装置が働きます。また、ガスも、冷えたお水からお湯にするので、その分ガスを使います。
なので、トータルで考えると、コストは同等もしくは少し安くなるのです。

そして忘れてはいけないメリットは、お水の品質。
ナトリウム、カルシウムなどが豊富に入った新鮮なお水がいつでも飲めるということです。

ミネラルウォーターを買う理由は、ご家庭でも安心したお水を料理や飲料に使いたいという気持ちがあるからではないですか?
そのミネラルウォーターをわざわざ買いに行く手間なく、便利に使用できる。
電気代も電気ポット同様
とあらば、使わない手はないですよね。

導入した場合の費用

ご家庭で1日2Lを1本使った計算で進めていきます。
ウォーターサーバーの導入費用は高そうだと思っていませんか?私もそうでした。
宅配されたお水を冷温するということは、電気料金等がかかっているのだから安くはないはずと考えていたからです。

でも、お湯を沸かすためのガスを使わないこと、電気ポットが必要ないこと、冷蔵庫の扉の開け閉めがないこと
どれもちいさなことなのかもしれませんが、トータルで考えるとペットボトル購入と同じくらいでした

確かに、宅配のお水だけで考えれば、1Lの単価が高いのですが、
利用する頻度によっては導入も家計を助ける術です。

最近は、レンタル料金が無料も多くなってきました。
たとえば、レンタル料金無料のウォーターサーバーを利用した場合のコストを計算してみましょう。

無料ウォーターサーバーを利用した場合。
12Lのミネラルウォーターが1890円だとし、1日2Lを使用したコストです。

315円(2L)×30日=9450円

1か月約12Lのボトルを5本消費することになります。
また、会社によっては20本に1本ミネラルウォーターのプレゼントをしているところもあります。
そうなれば、コストもその分お安くなりますね。

ペットボトルを買いに行き、その都度沸かしたり冷やしたりすることと、
手間無く、上記の金額で済ませようとするか
、もう一度考えてみましょう。


▲PAGE UP

Copyright 水宅配の比較ランキング|健康に良いウォーターサーバーの選び方 2009

運営者情報